ED治療の時代背景

ED治療の時代背景

21世紀の初め、男性優位の社会にあって、男性の性能力を修理して立たせたいという欲望が強まりました。この欲望は女性解放運動と女性の特権付与への反動とも取れますが、人類は自助努力、医療化の拡大、大きな社会変化、個人機器の時代に生きているといえます。

 

今日男性のストレスなどの社会問題については日常的に耳にするようになってきました。そのために勃起力回復のための様々商品が発売され、それらに多くの男性が踊らされ続けているのが現状です。

 

何が入っているのかよくわからないものに、勃起回復の効果があると聞くと、こぞって買い求めるのです。

 

そんな中で異彩を放っているのがバイアグラではないでしょうか?多くのED治療薬の中でも、効果の確実性が全く違うのです。

 

勃起不全に陥ると機能しなくなる部分に直接働きかけ、簡単な性的刺激だけでマックスの勃起力を手に入れることができるのです。

 

バイアグラが出た当初はアメリカでも多くの男性が群がりました。損なバイアグラでさえも一部の男性は、このバイアグラの熱気はファイザー社によって作り出されたブームであるというのです。

 

バイアグラが発売される前から、ファイザー社はテレビや雑誌に勃起不全とは何か?その解決方法にはバイアグラが有効であるといい続けていたのです。

 

多くの男性たちは洗脳されてバイアグラをほしいと思っているだけであり、それほど多くの男性はバイアグラを本当は必要としていないというのです。

 

確かに、勃起が協力でありたいと感じるのは男性の本能のように感じますが、もう年齢も重ねてくると、勃起の威力に一喜一憂することもなくなるかもしれません。