勃起不全医療化の背景

勃起不全医療化の背景

インポテンツの医療か及び錠剤と性的能力の文化評価は、バイアグラが登場するずっと前から論議されてきたことです。勃起能力の回復の新たな方法として長年にわたる探求にこたえて、満を持して登場したのがバイアグラです。

 

それ以前はペニスへの注射や注入、あるいは新旧ポンプによるペニスの吸引などが主流でした。

 

ファーザー製薬はその当時の拡大していたこのジャンルでの、これまでの古いやり方の改善を訴え、バイアグラと言う青い錠剤は、使いやすくてさらに効果もあり、しかもと手も体に自然だと主張しました。

 

当時、効果の弱い既存技術、日常問題の解決策として錠剤の急増、人口の高齢化、セックス業界の拡大という状況の中で、勃起薬は必要悪のように感じられました。

 

医学の進歩の時代でもあり、バイアグラは科学知識と医学議靴の融合で、最も理にかなっている方法だと誰もが思いました。

 

バイアグラの登場とは逆に、勃起不全以外の性の社会問題も忘れてはいけません。不妊症・10代の出産・性感染症など蔓延する性道徳の解決にバイアグラは良い効果を生まないと考える人も多いのです。

 

様々な意見が交わされる中、ファイザー社はバイアグラの認可を勝ち取り、現在の巨万の富を持つ大企業へと成長したのです。