性に関する考え方

バイアグラが登場当時の文化の主流となったことから、セックスへの関心はますます首魁や化学分野からも関心の的となり、その結果として多くの製薬を受けることとなりました。多くの学者が性行動に関するデータを公表し、セックスに影響する要因に関心を持った。

 

人口の10パーセントにとって同性愛は普通に受け入れることができると証明し、男女双方にとって性のオーガズムが正常だという考えや、女性は生まれながらにして性的な生き桃だという考え方も発表された。

 

すべての意見は当事者の主観的な考えであり、それが真実かどうかは解明されていないが、このように性行動についての関心が社会的に高まったのは事実です。

 

性に関する関心度の調査

 

この1年の間数か月以上の間に

 

セックスをすることに興味を失ったことがありますか?
オーガズムに達しなかったことがありますか?
オーガズムに達するのが早すぎることがありますか?
性交中に痛みを感じたことはありますか?
セックスに喜びを感じれなかったことはありますか?
自分の性の遂行能力に不安を感じたことはありますか?
勃起を達成できなかったり、保てなかったことはありますか?
濡れずに困ったことはありますか?

 

これらの質問に対して、女性の3人に1人が数か月にわたってセックスに興味を持てなかったと回答しました。男性では6人に1人でした。

 

興味深いことに性の問題は若い女性と年配の男性に多いのです。女性に関しても飲んだ胃は、セックスに興味が湧かない、オーガズムを感じない、セックスをしても楽しいとは感じない、蒸れない、性交中に痛みを感じる、自分の性の遂行能力に自信がないといった順番でした。

 

男性に関して一般的には、オーガズムに達するのが早すぎる、自分の性の遂行能力に自信がない、などでした。

バイアグラ